卒業生Voice

学科の学びは社会でどう活きる?OB・OGインタビュー

学科の学びは社会でどう活きる?OB・OGインタビュー

経営コミュニケーション学科を卒業し、社会で活躍する先輩にインタビュー!
「大学生の時にやっていて良かったこと」や「学科の学びがどう活きているのか」など、
卒業生のリアルボイスをお届けします!

社会を変革できる
システムエンジニアを目指して

(株)フジビジネスセンター 勤務

伊藤 大将 さん

経営コミュニケーション学科 2014年度 卒業
学士(経営コミュニケーション)

この学科の学びの強さを
社会に出て改めて感じました

今は新米システムエンジニアとして先輩社員についていろいろなことを学んでいます。周りには、バリバリ、プログラムを組んでいる先輩も多く、プログラミングでは今のところ全く歯が立ちません。でも、この学科だからこそ学べたコミュニケーション能力、分析力、発想力を活かし頑張っています。これらの能力を活かし、社会を変革できるシステムエンジニアを目指しています。

4年間の大学生活は
勉強も遊びも・・・そのすべてが人生の宝物です

大学での4年間は、多くの素晴らしい友人に恵まれ、勉強に限らず、バスケットボール部での活動、バイクでのロングツーリングなど、とても充実していました。その一つ一つは大学の4年間でしか経験のできない、何事にもかえがたいものでした。社会に出て、これらの経験が、実は、システムエンジニアに求められる幅広い視野につながっていると感じています。

システムエンジニアの世界では
大学の学びが直接役立ちます

とはいえ、大学での4年間、もう少し真面目に勉強しておくべきだったという気持ちもあります。大学卒として社会に出る以上、大学で習得しているはずの基礎学力は当然求められます。システムエンジニアであれば大学での勉強は直接社会で役立つケースが多いのでなおさらです。みなさんも、勉強はしっかりしましょう。