教員紹介

「デキる」ビジネスパーソンを育む

「デキる」ビジネスパーソンを育む

学びのテーマは実社会に在り!
「なぜ?」「どうして?」という身近な疑問が学びへとつながります。
私たち教員は皆さんの"好奇心のスイッチ"を入れるために全力でサポートしていきます。

成川 正晃 教授

NARIKAWA Masateru

学位:経営学修士(東京経済大学)
研究分野:会計学(収益認識論・中小企業会計・会計教育)

会計情報から企業について考える

企業が出している会計情報について、研究を進めています。例えば、企業の売上高ですと、いつ売上を計上すべきなのか、あるいはその金額はどのように決まるのか、また、会計のルールの違いが、作成される会計情報に影響を与えることがあるのかを考えます。このような研究を通して、普遍的な考え方が存在すればそれを提示したいと考えています。

簿記を通した会計情報の作成

会計学(成川)研究室では、ゼミの時間とは別に、会計情報の基礎になる簿記の勉強をサブゼミとして行っています。それぞれのゼミ生が、各自の目標を設定して簿記検定の合格を目指しています。疑問点は、お互いに教えあうことも多ければ、先生に個別指導も受けられます。

研究発表と討論

ゼミ生は、それぞれ、各自のテーマで研究発表を行います。発表に対しては、厳しい質問が出ますが、この質疑を通して、各自が論理的な考え方を身につけていきます。

研究と懇親(ゼミ合宿や食事会)

会計学(成川)研究室では、夏休みにゼミ合宿を行います。2泊3日で、卒論に向けた研究発表やゼミ生同士の懇親もはかります。また、学期のはじめや試験終了時期などには、食事会にも出かけて先生を含めた懇親を深めます。