教員紹介

「デキる」ビジネスパーソンを育む

「デキる」ビジネスパーソンを育む

学びのテーマは実社会に在り!
「なぜ?」「どうして?」という身近な疑問が学びへとつながります。
私たち教員は皆さんの"好奇心のスイッチ"を入れるために全力でサポートしていきます。

二瀬 由理 准教授

NINOSE Yuri

学位:博士(文学)(九州大学)
研究分野:認知心理学(「視覚」「記憶」「学習」人間の情報処理機能に関する研究)

主な担当授業科目

MC学科の心理学に関する科目を担当しています。1年前期に「心理学入門」、2年前期に「キャリアカウンセリング」、2年後期に「メンタルヘルス」と心理学の様々な分野の講義を行っています。この3つの講義を受けていただければ、心理学という学問の幅広さを実感できると思います。

個性的な卒業研究のテーマ

卒業生の研究テーマは、様々です。その人の関心のあるテーマについて自由な発想で研究を行っています。自由な発想を研究の段階まで高めていくためには、心理学の基礎知識および心理学研究の手法、データ分析(統計的知識)など様々な知識を身に付ける必要があります。ゼミでは、3、4年生が一緒になって実践的に学んでいます。

個性的な人の集まり

教員が個性的なせいか、二瀬研修室に集まる学生たちはかなり個性的です。自由な雰囲気の中、普段はそれぞれ好きなことをやっています。しかし、いざ研究となると、先輩や後輩関係なく、協力して真面目に実験や調査に取り組んでいます。毎年、3、4年生でゼミ内の統計コンテストを行います。いくつかのグループに分かれ、みんなの知識を持ちより統計の課題を解くもの(膨大なデータ入力,PCを用いた統計的処理なども含む)です。一番よくできたチームにはささやかながら景品がでるのでゼミ生は一丸となって頑張っています。

心理学の面白さを体感してほしい!!

心理学は、日常生活の中に研究テーマがたくさんあります。是非、それを体感しながら、自分自身で面白いテーマを探して欲しいと思います。ちなみに、私自身の卒論のテーマは「バーチャルリアリティ(仮想現実感)における奥行知覚」、修士以降の研究テーマは「漢字のゲシュタルト崩壊現象」でした。その時に自分が最も関心をよせていたことを研究してきました。