学科紹介

経営に必要な知識を学び、コミュニケーション能力を養う

経営に必要な知識を学び、コミュニケーション能力を養う

情報に関する基本的な素養を身につけた上で、経営学およびコミュニケーションの知識とスキルを学びます。本学科は経営学についての学びを深める経営コースと、コミュニケーションについて学びを深めるコミュニケーションコースの2つのコースを設けています。1 年次には両コース共通の基盤となる情報、経営、コミュニケーションの入門科目を学習し、2 年次以降は各コースに分かれます。

学科長ごあいさつ

経営コミュニケーション学科は、皆さんが「できるビジネスパーソン」として社会で活躍できるための学びを提供します。いわゆる経営学科みたいなところかなと思われる人もいるかもしれませんが、そうではありません。経営コミュニケーション学科では、現実の様々な状況に対応するうえで必要な素養をより幅広く学ぶとともに、その素養を様々な局面で実際に活用できるよう統合化するために、より実践的に学びを深めます。

具体的には、社会に出て必ず必要になる経営学、コミュニケーション学、ICT関連の科目を経営・経済科目群、コミュニケーション・心理科目群、ICT・社会情報科目群の3つの科目群から幅広く学びます。また、それと並行して、統合化科目群から、それらを統合化して幅広く活用できるようにするためのより実践的な科目を学びます。

ただし、「できるビジネスパーソン」となるためには、いわゆる学問だけでなく、様々な経験を積む必要があります。残念ながら、社会に出なければ経験できないことも数多くありますが、一方で、学生でなければ経験できないこともあります。皆さんには、学生でなければ経験できないこと、経営コミュニケーション学科でなければ経験できないことに、是非、積極的にチャンレンジしてもらいたいと思います。経営コミュニケーション学科では皆さんのそのようなチャレンジを全力でサポートします。

経営コミュニケーション学科は2008年に設立された若々しい学科です。卒業生はまだまだ多くありませんが、社会の様々な分野で「できるビジネスパーソン」として活躍しはじめています。そのおかげで、歴史の浅い学科であるにもかかわらず、多くの人から評価され、より多くの人が志望してくれるようになってきています。皆さんも、経営コミュニケーション学科で「できるビジネスパーソン」を目指しましょう。

経営コミュニケーション学科長 岡部 雅夫

教育の特徴・理念

経営コース

経営コース

実社会で役立つマネジメント技術を学ぶ

企業だけではなく、地域社会や学校、家族など様々な組織(コミュニティ)を円滑に運営するための方法を専門的に学びます。組織運営のために必要なICT 技術がどのように活用できるかを考え、実践できる力を養成します。

経営コース カリキュラム

コミュニケーションコース

コミュニケーションコース

実践的なカリキュラムで幅広い知識を習得

組織体の内部と外部のコミュニケーションに必要なテクニカルスキル、コミュニケーションスキル、ヒューマンスキルを身につけます。具体的には、情報処理能力、わかりやすく伝える能力といった論理的思考と表現の技術、アサ―ティブコミュニケーション、聴く力等を養います。

コミュニケーションコース カリキュラム